スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新車の内覧会?

先日案内が届き、ちょうどすぐ近くで仕事があったため、立ち寄った。
でも新車の内覧会ってなんだろう?

会場に行っても、普通の週末の展示会だし、中に入ってもフルモデルチェンジした車はないし・・・

迷っていたら私の担当者が来て小声で、新車は一番奥にあるという。行ってみたらトイレの入り口付近にひっそりと展示されていた。
しばらくほかの客と話しながら新車を見ていたら、接客を終えた担当者が来て説明してくれた。

全国的に発表するのは1週間後のために、大々的に宣伝することができなく、なおかつ詳細や値段も公表できないのだそう。カタログも暫定的なものが置いてあった。

注目すべきは、年内にこの車種の4WDのハイブリッドが登場するらしい。燃費は2WDに比べると少し落ちるらしいがそれでもリッター30キロは走るらしい。

帰りにラーメンをいただいた。
IMG_0248_convert_20130831205649.jpg


さて今日は日中の最高気温が35度と久しぶりに暑い一日。

そして夜7時に突然の暴風雨となる。
暑いので窓を開けたままの事務所の窓際は水浸しになる。
いくつかの書類が雨に濡れて、プリントアウトした文字が滲んで読み取ることができなくなった。もう一度作らないといけない。さらにこの雨で明日の稲刈りが完全に不可能となった。
スポンサーサイト

白菜が発芽

一日雨のため、農業は中止して本業をする。
夕方田んぼの確認のついでに、先日種まきをした白菜をチェックすると、早くも発芽していた。雨が直接当たらない場所に置いたのが幸いしたのか。
IMG_0247_convert_20130830191859.jpg

明日で8月も終わる。
テレビニュースでは今年の夏は猛暑だったと伝えていたが、私的にはエアコンを作動したまま寝たのは3日くらいで、猛暑もなく、短い夏の気がする。歳を取って暑さが感じられない体になったのかもしれないが。

ダイコンの種まき 1回目

IMG_0245_convert_20130829193445.jpg
昨年は50メートルの畝を3本作ったが、今年は実家の農業をしなければならなくなり、10メートルの畝を3本だけ。ただ漬物の依頼が50キロあるために、どこかに畑を作らないといけない。

兄が管理している田んぼの水が抜けなく、さらに面積の半分以上が倒伏した。昨日から手当てをしているが、倒れたモミから発芽(ひげ根が出ること)し始めたことから、今日は兄夫婦を呼んで3人で倒れた稲を起こした。
IMG_0240_convert_20130829193303.jpg
ただ明日からまた雨予報で、今日の作業は無駄になると思う。

自慢するわけではないが、水管理さえしっかりとすればこのようになる。
IMG_0241_convert_20130829193330.jpg
IMG_0243_convert_20130829193353.jpg
これに懲りて来年からは私に管理を任せればいいのだが、若年性認知が始まったらしく、全く反省をしていない。
早めに検診を受けてほしいのだが・・・

稲刈り間近

稲刈りの日まで残り少ないのに、毎日の雨で水が抜けない。
IMG_0236_convert_20130828182406.jpg
IMG_0239_convert_20130828182429.jpg
深いところで50センチ。
したがってコンバインは入ることができない。今年は一反近い田んぼが手刈りになる。夏場に中干しをしなかったことが悔やまれる。

オクラの花

IMG_0235_convert_20130827195816.jpg
この品種のオクラは、実を食べるのではなく、花を食べるらしい。少し湯がいてだし醤油などで食す。実と同じようにネバネバがすごいらしい。

私は食べないけど・・・


深夜の火事騒ぎで、寝たのは明け方の5時近く。
私の部屋は仕事柄、ナレーションの入れ込みも行うため、かなりの防音工事をしていて、外部の音は完全に遮断しているはずなのに、消防車から聞こえる無線の声だけが部屋に入ってくる。帯域の違いなのか・・・

寝不足のまま、夜明けに外に出てみると、火事で飛んできた燃えカスが庭に散乱していた。
IMG_0232_convert_20130827195628.jpg
IMG_0233_convert_20130827195651.jpg
火事の時に雨が降っていなかったら、間違いなく我が家も被害があったと思う。

今日は一転して秋晴れ。
IMG_0234_convert_20130827195746.jpg

高校野球のDVDプリントも完了して、夕方まで農作業をした。
稲刈りは1週間ほど遅らせる手配をしたが、天気を見ながら、再度変更があるかもしれない。

2時間ほどしか寝ていないため、今日はこの辺で落ちる。

町内の神社が全焼

寝付いたばかりの深夜に、パチパチ音と消防車のけたたましいサイレンの音に起こされて、窓を開けると火の粉が降っている。
親せきの家が火事かと思って駆けつけると、高台にある町内の神社が燃えていた。
IMG_0217_convert_20130827012914.jpg
IMG_0213_convert_20130827012824.jpg
見ている間に、本殿が燃え落ち、さらに小さな奥の院まで瞬く間に全焼した。

庭先の消火栓からホースを連結して、消火作業をしている。
IMG_0230_convert_20130827013302.jpg

原因は雷が落ちたようだ。
我が家もブレーカーが落ちて、DVDに焼いているPCもダウンいた。
今ようやくデータを復帰させたが、消えていなくてよかった。

これを書いていて気が付いたが、頭から体まで灰が降りかかって真っ白になっていた。雨が降っていて火の粉が消えたのだろう。
まだ消防車の無線の声が事務所に聞こえてくる。
今年は神社の役員だから、今日は一日仕事ができないかもしれない。

バジルの花

IMG_0209_convert_20130826212336.jpg

今日は晴れ。
ようやく編集が終わり、DVDに焼く作業に入る。PCが勝手に焼いているので、その間は農作業ができる。
野菜の収穫、実家庭先の畑の耕し、コンバインの手入れ、玉ねぎと白菜の種まきをした。
IMG_0206_convert_20130826212208.jpg
わずか、5×5メートルのスペースに、白菜と冬菜をうえるつもりだ。
IMG_0211_convert_20130826212444.jpg
蒔き終えたトレイは雨よけがついているトマトのハウスの中に。
IMG_0210_convert_20130826212402.jpg

今また雨が・・・

涼しい一日。
午前、午後と田んぼの見回り、野菜の収穫、草刈りと、実家で4時間ほど過ごす。

この時間帯は本業の最中だが、突然雨が降り出した。
IMG_0205_convert_20130825190135.jpg
また田んぼの地が乾かなくなる。
天気仕事の農業は難しい。

午前中知り合いを訪問したら、オリジナルの焼酎をいただいた。仕事が終えたら飲んでみたい。
IMG_0204_convert_20130825190115.jpg

大雨

深夜から大雨が降る。
昨日の夕方、雨に備えて田んぼの排水路を作ったが、心配で見に行く。

田んぼに着いたとたんにさらに強く降り始めた。しばらく車の中にいたが雨は次第に強くなり、雨具を着て見廻る。昨日作った排水路が機能して、あぜ道からのオーバーフローはなくほっとした。
稲刈りの日を決めたが、今日の雨と週末の予報を見ると、延期しないといけないかもしれない。2年前までは自宅にコメの乾燥機があったが、父が突然捨てると言って廃棄物業者に渡した。この頃から体調がよくなかったのだろう。従って近所に委託する関係で、こちらで簡単に予定日を変更できない。

後は本業やら頼まれていた写真のプリントを行った。
雨が上がっても気温は低く涼しいままで、すっかり秋の気候となった。
仕事もはかどるが、すっかり日本酒が美味しい季節となり、秋の夜長の晩酌を楽しむか仕事をしようか悩む日々である。

国産唐辛子

IMG_0203_convert_20130823203706.jpg
毎年作っているが、素人にも作れる簡単栽培。病害虫にも強く(いままで一回も枯れたことがない)、夏の暑いときに少しだけ水をかけるだけで、秋には調理しきれないほど収穫できる。しかし、スーパーで売られているのはほとんど輸入品だ。
なぜ農家は栽培しないのだろうか?

今日も雨。
朝、畑と田んぼの管理をして、あとは一日中本業をする。かなりはかどり、なんとか期限に間に合いそうだ。

ミョウガの初収穫

秋の気候となり、日中でも31度と過ごしやすい。
朝から畑と田んぼの管理をする。
早生ミョウガを初収穫する。ミョウガ畑(といっても何も管理していないが)の地面の腐葉土を手で退けると、そこには実がずっしりと硬いミョウガが出てきた。
IMG_0200_convert_20130822220342.jpg
さまざまな調理法があるみたいだけど、私は麺類の薬味とみそ漬け以外は食べられない。したがって配ることにした。
きゅうり以外はまだまだ元気な夏野菜たち。
今日は2世帯に配った。
IMG_0201_convert_20130822220402.jpg
IMG_0202_convert_20130822220421.jpg

稲刈りの日取りが決まった。
9月2日に決定。
明日からはその準備に追われる。夕方、兄が管理している田んぼの排水工事をするが、明日は又雨の予報。10日日間で地を硬くしないとコンバインが入らない。

本業

気温は上がらなかったが、蒸し暑い一日。
早朝から事務所に籠り本業をする。

近くの共同農作業所では、稲刈り後の乾燥機の設置を始めた。稲の乾燥が始まると、晩秋まで窓を開けて仕事ができなくなる。稲ゴミが舞うのである。
毎年お詫びということで、なにかしらいただくが、今年はもち米に手作り味噌2キロいただいた。
IMG_0198_convert_20130821230226.jpg
IMG_0199_convert_20130821225704.jpg
今年からみそ漬けを仕込むのでありがたい。

昨日は朝から気温が上がり、本業や農作業をせず、さらに体調がすぐれないため、一日室内で過ごす。力仕事をしなくても、体を横たえるとすぐに眠ってしまう。

今日は一転して朝から雨。

どしゃ降りの中、田んぼの水管理と野菜の収穫をした。
IMG_0196_convert_20130820193037.jpg

日中は本業をして、夕方市外に出向くついでに、知人宅に朝どり野菜を届ける。
魚が嫌いなこのご夫婦は、カルシュウムを補うためにこの食べ物を食べているらしく、一袋いただく。
IMG_0197_convert_20130820193106.jpg
なんでも、通っている整骨院の院長が紹介してくれたとのこと。70歳を過ぎて、魚嫌いを直せと言われるよりはいい。

晩酌もほどほどに、また編集作業を始めた。涼しいうちに片付けないと、この後の日程が組めない。


※農作業メモ
田んぼの中干しもせずに穂肥をすると、本来倒伏しないコシイブキの稲もこのようになる。
IMG_0193_convert_20130820192918.jpg

水管理をきちんとすると、
IMG_0194_convert_20130820192935.jpg
IMG_0195_convert_20130820193003.jpg

メダカ

夕方野菜を届けに行った家に、たくさんの水槽があり、メダカが飼われていた。
残念ながら写真はない。
老眼鏡をかけてみても、ほとんど見えないくらいの稚魚である。体長1ミリ以下で、透き通った体はデジカメで撮るには難しい。

今日も暑かった。
朝7時から12時過ぎまで、畑を耕し、終えたきゅうりのツルを手繰り、田んぼに水を張り、トラクターを洗車する。
IMG_0190_convert_20130818225831.jpg
耕した畑に、白菜の種を蒔くか、それとも大根にするかいまだ迷っている。

IMG_0191_convert_20130818225855.jpg
右側のトマトはまだ元気だが、左側はきれいにきゅうりの後始末をする。
しかし、素人らしい失敗は、写真左端に見えるのがナスであるが、きゅうりは2か月で終わるが、ナスとトマトは4か月くらいは収穫できる。したがって、きゅうりのツルを手繰っても、何も植えることができない。
収穫だけはたくさんあったが、夏から秋野菜の切り替えを考えて植えつけないと、このようになる。

暑いのは明日までで、以降は気温が下がるらしい。
納品が10日後に迫った編集を急がないと・・・

暑い!

畑の草刈りを始めたが、1時間ほどで断念、熱過ぎる。

休憩したのち、実家庭先のきゅうりのツルを手繰る。15本の苗に、毎日最低30本収穫できたから、推定で1500本ほどか。でも山の畑のきゅうりはいまだ元気で、いちにち20本は採れる。そろそろ終わりにして、白菜を植える準備をしなくてはいけないが。

夕方買い物に行くが市内は渋滞だった。まだお盆休みが終わっていないようだ。

暑さで体調が思わしくなく、今日の体重は今年最低に、でも今はお酒がおいしい。
お盆休みに入ってから、毎夜近くで花火の音が聞こえる。たぶん今夜で最後だと思うが、まだまだ暑さが続きそうで、秋野菜の種まきの日にちが決めにくい。

35度

とにかく暑い。
朝実家に行き、12日に姉夫婦と掃除で出した燃やすごみ、大袋8つをステーションに出す。

畑の草取りをした後、田んぼのあぜ道の草刈りを始めたが、1時間ほどで体温が異常に上昇したためやめる。

田んぼに水を入れ、野菜を収穫しただけで帰宅。小さな捨て猫が畑近くにいたが、人間におびえていて近くには寄ってこなかった。なにもお盆に捨てなくてもいいのに。

日中は涼しい部屋で、世界陸上を見ながらくつろぐ。

夕方4時から庭先の草刈りを行った。途中、近所の方が来られて自転車の修理を頼まれ、直したのち、今日収穫した野菜を持ち帰ってもらった。
枝豆が収穫期に入り、明日は数件に配ることになる。

IMG_0187_convert_20130815222845.jpg

シシトウの漬物

採れ過ぎる野菜のひとつにシシトウがある。
苗は2本しかないのに、一日20本近く収穫できる。
配りきれないので、適当に作ってみた。
IMG_0182_convert_20130813231444.jpg
だし醤油にごま油、酢、みりんを加えた漬け汁に、こんがり焼き目を付けたシシトウを入れただけだが、ナスやキュウリの漬物に飽きたときは十分代用できる。

暑い!

今日は最高気温が35度。

外出も控えてほとんど家にいたが、明日はそうはいかない。
田んぼに水を入れたり、畑を耕さなくてはいけないが、明日も気温が上がりそうだ。早朝することにしよう。

石山の味噌漬けの素

IMG_0185_convert_20130813231625.jpg
まるでこの会社の広告塔になっている気もするが・・・

私は漬物が美味しくできると親しい方に勧める癖がある。
先月も、福島から来た方と、東京の姉に漬物をあげたら気に入っていただけて、帰りの際にお土産として渡した。

なかなかスーパーなどの陳列棚ではわが県でも見られない商品で、他県では入手が難しく、福島の方はメーカーに直に電話をして、さらに数個取り寄せたらしい。
利用者は、この春から私が勧めて、買い始めた世帯だけで15世帯以上になる。

スーパーなどで、試食販売すれば絶対に売れる商品なのにもったいない。


我が家はいまでもきゅうりが毎日30本以上採れる。8世帯に週に一回配っているがそれでも余る。仕方なしに塩漬けを始めたが、すでに10キロ樽が一つと、20キロ樽が一つ出来上がった。
今日は最初に漬けた樽の、漬け直しを行った。
IMG_0181_convert_20130813231352.jpg
塩と酢で漬けこんで1か月ほどで、きゅうりの重さが10キロから6キロに減った。この漬け汁をもう一つの樽に移し再利用する。
IMG_0180_convert_20130813231245.jpg
とりあえず塩漬けにしたが、この後はみそ漬けにするか、粕漬けにするかは考えていない。

今日は旧盆でお墓参りの日。
私が作っている田んぼと畑の近くの供養塚にも花とろうそくが添えられていた。
IMG_0183_convert_20130813231521.jpg
IMG_0184_convert_20130813231551.jpg
お盆が過ぎると稲刈りと秋野菜の準備が始まる。

お盆の準備で

昨日姉夫婦が帰省して、今は誰も住んでいない実家の大掃除をする。6月から住んではいないものの、お盆には親せきがお参りにくる。
3人でたっぷり一日を費やしての大掃除。

燃やすごみだけでも、一番大きな指定の袋に9袋出た。

姉夫婦から戴いた中元、これは親せきが作っている果物で毎年いただくが・・・
IMG_0179_convert_20130812204035.jpg
高級メロンが6個、さてどうしよう。

お返しに夕顔を2つ上げたが、返礼になっていない。

49日法要

早いもので、もう49日が過ぎた。
今回もまた、お坊様がボランティアでお経をあげに来てくれた。
IMG_0176_convert_20130812230651.jpg

ただただ頭が下がるのみである。

昼食は豪華な仕出し弁当で、新鮮なお刺身が入っていて、内陸から来られた方は大変感激されていた。

ところで、お弁当に入っている魚型のプラスチック容器に入っている醤油はなんという名前かご存じだろうか?

ランチャーム醤油というらしい。

もちろん造語で、ランチとチャームをつなぎ合わせたことばらしいが、たかが醤油に(でも必需品)この名前を付けられた方は素晴らしい。

ただ、やはり賞味期限が短いのが難点で、今日の豪華な仕出し弁当に付いていたランチャームも完全に劣化していて、刺身に使うと残念ながら・・・

仕出し屋さんは大量に購入するから8か月で使い切るなんて難しいのだろう。

もう一つ、会津から法要に参加された方が持って来られた、この梅漬けは大変おいしかった。
IMG_0168_convert_20130811175100.jpg
青梅を適当に砕いて、赤紫蘇を酢で煮た中に入れる、もちろん氷砂糖で甘みを調節して。

以前ブログにアップした、梅干しの砂糖煮はどうしても柔らかくなるが、これはカリカリの触感が楽しめる。お坊様と二人で法要が始まる前にパクパク食べた。

来年はこれに挑戦するつもりで、レシピはいつでも聞くことができるので、後日。


9日からいきなりの猛暑。雨が降りそうで降らない天気が続き、明日以降は全く降らないらしい。この天気で夏野菜は完全に終わるが、田んぼの水が少ないのが心配だ。

高校生ボラとコラボ

関わった家の進捗状況を確認するために被災地に入る。
さいわいその世帯に後続で入ったボラさんたちは知り合いですべて任すことができた。

せっかく入ったので、近くの家に入った高校生ボラさんと一緒に汗を流す。
土嚢袋に目いっぱい入った土砂は重く、年寄りには3袋が限界なのに、中には親切な高校生が5袋も一輪車に乗せてくれた。
途中からは、一輪車の輸送班がへばってしまい、私だけで運ぶはめに。

・・若い体力がうらやましい・・・

カメラによる川の流量の監視。
IMG_0165_convert_20130808223435.jpg
いまさらという感があるが・・・

午後は農業。今日もまたきゅうりが50本ほど収穫でき、塩漬けにする。
IMG_0167_convert_20130808223459.jpg
さて明日からは旧盆の準備に入る。

水害 行政の不思議な対応

今度の水害地の光景は少し異常である。
床下、床上浸水の被害に遭われた世帯が80世帯ほどあるのに、ボランティアによる、床下の泥出しは受け付けていない。
代わりに、センターが被災世帯を回り、バキュームによる、泥出しの希望世帯を募っていた。バキュームによる泥出しは有料で市が半額負担するらしいが、最高限度負担額は20万円と上限が決められていた。
バキュームが有料だと、住民から聞いたのは8月3日である。

この町内を訪れた方はわかると思うが、9年前の震災と、この9年間に3度の水害を受けて、経済的に余裕があったり、若い世帯が同居していて、ある程度の住宅ローンを組んでも返せるところは高床式の新築家屋にしたらしい。

逆に高齢者宅は4度の災害を受けても部分的に改築されたりして住まわれている(そうだ、聞いた話で裏を取っていないので断言はできない)。

今回の水害は高床式の家は床下、床上浸水の被害はない。

つまり行政の対応は、一概に言えないが、高齢者宅の自己負担を増やすだけで、「優しくない支援策」ではないだろうか?。
それと一番不思議に感じるのは、危険な作業ではないのに、ボランティアに泥出しの手伝いをしてもらわないのだろう?
県外から来たボランティアさんが言うように、「不思議ボラセン」と、「不思議行政」である。

夏空

IMG_0157_convert_20130806214908.jpg
この空を見ると、ようやく夏が来た感じがするが、すでに旧盆直前。

昨日きゅうりを40本ほど収穫したのに、今日はさらに増えて50本。昨日は2世帯に配り、今日も2世帯に持って行った。
トマトが元気がなく、今日は初めての追肥をした。

田んぼは、藻のようなものが出始めたので、今日からしばらくは水を抜いて浄化しようと思う。

IMG_0159_convert_20130806214943.jpg
これは幻の桃。といっても、収穫量が少ない地元産の砂丘桃という品種で、地元のスーパーにも並ぶことがなかったが、スーパー近くのコンビニに数量限定で置いてあった。

味はというと、糖度は低く、香りが少ない。ただ水分量は多い、か。
まぁ、長年の夢がかなったから良しとしよう。

野菜たちは元気に

朝早くから、しばらく世話ができなかった野菜の収穫に行く。案の定食べきれないほど収穫した。
午後からは野菜を、数軒の知り合い宅に配りに行く。
お返しに、たくさんの刺身をいただく。
IMG_0156_convert_20130805210854.jpg
野菜もたくさんあっても困るが、刺身もたくさんもらうと困ってしまう。一皿は知り合いのお宅に持っていく。

何事もほどほどが一番いいのか。

ゆかあげ?

床上げとは、近年水害や津波の被災地で、ボランティア同士で使われる言葉で、床板を剥がすことである。ネットで検索しても床上げの言葉は違う意味になる。
9年前の水害時には、床板剥がしとか、床板外しと言っていたが・・・
被災者に床上げと言って伝わらない場合は、床板外しと説明したほうがいいかもしれない。現に大工さんに言っても伝わらない用語みたいだ。

さてそんなことより、床下の泥出しはしたほうがいいが、泥出しの後に石灰を蒔くのが常識になっている。土が乾いてから蒔くのか、湿気取りの意味で湿っているとき蒔くのか、はたまた蒔く量は多いほうがいいのか、逆に多く蒔くと湿気が逃げないから薄く蒔くのか。

床板だけは、土が完全に乾燥してからもとに戻すらしいが、これだけあちこちで水害が起きている。国がきちんとした指針を開示したほうがいいと感じるのは私だけか。

まる3日間現場に入り、本業も農業もしていない。明日からは元の生活に戻るつもりだ。

梅雨明け

遅い梅雨明けである。
海水浴客で商売している方は、今年は大打撃だろう。

私は梅雨明けとともに農作業が忙しくなるが、今日は一日休みにして汗を流す。
IMG_0155_convert_20130803183746.jpg
濁流にも流されず、花を咲かせたカボチャ。
たくましい!

この地は、祭りやお盆も片付けに追われることになる。
ボラさんが圧倒的に少ない。

昨日の写真アップ

IMG_0151_convert_20130801193840.jpg
IMG_0152_convert_20130801194001.jpg
IMG_0150_convert_20130801193815.jpg
IMG_0153_convert_20130801194029.jpg
お中元として取引先に持って行った。

一番うれしかったのがこれ。
IMG_0154_convert_20130801194103.jpg
遅い父の日のプレゼントで、娘から戴いた。
なんとか靴を買わずに済んだ。

水害被災地の配給弁当

IMG_0149_convert_20130801193724.jpg
当日と翌日の朝までがコンビニのおにぎりと水。翌日の昼からこのお弁当が配られる。さすがに5食続いてのおにぎりはきつく、泥出しを終えた私に、持って行って、といわれ渡してくれた。
惣菜も入っていて、私にはごちそうなんだが、年配者にとってはきついかもしれない。(おにぎり3個は私も食べることができなかった)。
無料でもらえるのだから、文句は言うな、と言われそうだが、今後は配給される食事についても検証するべきかな?

野菜の配達

なぜか写真が張れない、なぜだろう?

5世帯に週一回づつお配りしていたが、いよいよ夏野菜も終盤に。

でもきゅうりだけは収穫量がさらに増えて、2日間で80本。さすがに1世帯に配るのは多すぎて、半分は塩漬けにする予定。
他の野菜は、しし唐、ピーマン、カボチャ、夕顔、枝豆。

今日から8月。
そろそろ秋野菜の準備を始めなくてはいけない。
プロフィール

asahimidorikawa

Author:asahimidorikawa
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。