スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穏やかな一日

朝は気温が下がったが、日中は青空が広がり春の気配。

週間予報で雪マークが消えたのは今冬初めてだ。

関東甲信は今冬一番の寒波で5~20センチの降雪で数百人のけが人が出たと報じられた。
ノーマルタイヤで雪道を走って通勤すること自体異常に感じた。これではまもなく発生すると言われている、地震災害時の危機管理意識も似たようなものか。

穏やかな今日は一日室内作業に追われる。
明日も同じような予定。
早めに帰宅して、少しでも雪かきをしたいが・・・

IMG_0546_convert_20120229194344.jpg
今日のランチ。
カツ丼にシーザーサラダ、これで1000円は安いと思うが。
スポンサーサイト

漬け物 今冬最後の出荷

どうやら明日から春の気温。

従って今日は依頼された漬け物の最後の出荷をする。保存が効かない私の漬け物は製造期間が短すぎる。

昨日避難者宅を訪問したら、私がレシピを書いたとおりに漬け物を作られて味見を頼まれた。こんなささやかなことでも支援をしていてうれしく思う。
来年以降も雪が多かったら助けてくれますかと聞かれ、死ぬまで来ますよと答えた。

無責任な私。

カラスのお辞儀

朝まで5センチほどの降雪。
たいして積もっていないのに、未明に市道に除雪車が入った。
IMG_0543_convert_20120227211613.jpg
仕事が休みのため、午前中は一階が雪で埋もれている家の裏を機械除雪する。

午後は避難者宅を一軒訪問。
先日お渡しした漬物のレシピにしたがって漬けたものをお茶うけにいただく。
調味料の分量が同じでも大根の種類や大きさで味が変わることを知る。でも美味しかった。

夕方からは1年ぶりに隣市の友人宅を訪問。
数年前の震災時に訪問したお礼だと、主からビールを頂き、奥様からは今回持参した漬物のお礼だと焼酎を頂いた。
IMG_0544_convert_20120227211642.jpg
私へのお礼はことごとくお酒だ。
それだけアル中だということが周知されたのだろうか。

で、ここからが主題の話し。

このご夫婦、子宝に恵まれなかったためか、動物類を飼われている。
飼っている動物以外にも、エサがないこの時期になると、スズメやカラスにまで残飯を与えているらしい。
カラスといっても集団で来るわけではなく、一羽だけらしいので周辺のお宅には迷惑は掛かっていないとのこと。

このカラス、IQが高いらしく与えたエサを食べた後、電線に留まりお辞儀を繰り返した後飛び立つと言われた。残念ながら今日はエサの時間が過ぎていたため見ることはできなかったが、あまり良い印象を受けないカラスの行動にびっくりした。

町内費

わが町の町内費は年額4万円。半分が役員の報酬みたい。

結構高いと思うが・・・

昨夜から少し降雪があったが春の気配を感じた一日だった。

会津は春近し

2週間前に会津若松の仮設を訪れた方から、小規模仮設では雪処理が大変と聞いた。この地域の仮設は一つの町から集団で避難されていて、行政が張り付いて支援しているはずだと思っていたが、心配で今回最後の訪問地に選んだ。
IMG_0532_convert_20120225194051.jpg
この案内図はかなりアバウトで、実はこんな感じ。
IMG_0534_convert_20120225194223.jpg

IMG_0535_convert_20120225194258.jpg

19世帯の小さな仮設だが、降雪量が多い地域ということで、異常に駐車場周りのスペースを多くとっていた。そのせいで、道路に面した家の裏側が非常に狭いため、雪が降り続き屋根から落ちた雪処理をすると、道路の端に捨てるしかようだ。
もう1メートル、道路から離れて建てれば問題はなかったはず。
IMG_0537_convert_20120225194344.jpg


雪国仕様の仮設設計も大切だが、十分な土地面積を確保しているならば、処理した雪の置き場を考慮することも大切だ。


このチラシ、果たして申し込んだ方がいたのか気に掛かる。
IMG_0533_convert_20120225194132.jpg

120分の10


120世帯の仮設を作ったが実際に入居したのは10世帯だけの仮設を訪問した。

しかし、世帯が少ない分皆さんが協力し合って生活されていた。
IMG_0511_convert_20120224193606.jpg
外の掲示板には県内の仮設と同じように、その日の放射線量が掲示されている。

IMG_0513_convert_20120224193707.jpg



IMG_0512_convert_20120224193637.jpg

IMG_0514_convert_20120224193916.jpg

IMG_0515_convert_20120224193949.jpg
IMG_0516_convert_20120224194016.jpg

IMG_0517_convert_20120224194105.jpg

集会所と談話室が設置されている仮設だが、入居世帯が少ないため談話室のみ使用されていた。
タブレットやPCでいつも町からの情報が見れるようになっている。


しかし気になったことが・・・

空き仮設にも施した寒さ対策が、住居ではないという理由で、日中住民が集う談話室には対策が施されていない。
寒い日は蛇口の先からつららが垂れるという。窓もシングルのため、夕方からは段ボールで囲うらしい。

IMG_0519_convert_20120224194353.jpg

IMG_0518_convert_20120224194305.jpg

仮設の水道管凍結防止策
IMG_0521_convert_20120224194452.jpg

IMG_0522_convert_20120224194546.jpg
冬は空気の流入を遮断して、夏は空気が流れるようにする仕組みだが、今年の夏の暑さ対策でまた苦情が出ることは必至。
取り付ける、そして完全に外す。これしかないのだが。IMG_0525_convert_20120224194727.jpg

IMG_0526_convert_20120224194812.jpg

IMG_0527_convert_20120224194843.jpg
IMG_0528_convert_20120224194916.jpg
ボランティアが作ったと、聞いたがこのベンチは使われることがなく野ざらしになっていた。

体育館からの2次避難の在り方に問題があったと住民に聞いたが、全町避難の難しさを改めて思い知らされた。

23日の日記 3段飾り

IMG_0508_convert_20120224193353.jpg

IMG_0509_convert_20120224193423.jpg

立派すぎる仮設だがコストを考えると・・・

でも自分の意思ではなく、強制的な避難を考えると、これもありかなと。

常宿のホテルのプチギフト。
IMG_0510_convert_20120224193502.jpg
希望はノンアルコールではないほうがいいのだが。

原発補償請求

先ほど避難先のわが町から戻られた方と長電話をする。

原発補償金の申請に関して、昨年の11月までの申請に対して同意書が送られてきたが、同意していいかの質問。
難しいが、ごねても先送りになるだけだから、同意してもいいと伝える。ポイントは慰謝料の金額だが、現在月に10万円を、かさ上げ申請する動きが出ている。地域によっては、市民がまとまって35万円を申請することに決めた地域もある。

気になったのは、この地域は少なからず放射線量が高い。
1月に訪問したときに雨水が溜まるところの放射線量を調べたら、5μシーベルトあった。
春がきたらこの部分を除染して、かかった費用を追加請求しましょうとはなしたら、近所はどこも除染していないという。
長期避難されていない方は、あまり危機感がないらしい。
私が少し除染経験があるので、3月伺った時に検討しましょうと話した。


今日は一日中好天に恵まれた。
例年降雪がない隣市では、たぶん初めてであろうトラックによる排雪作業が行われていた。

海は春の様相。
IMG_0504_convert_20120222195716.jpg

自宅に戻れば、真冬まっただ中。
IMG_0505_convert_20120222195756.jpg
IMG_0507_convert_20120222195926.jpg
IMG_0506_convert_20120222195856.jpg

久しぶりの雨

久しぶりの雨で雪のかさがかなり減る。
といっても、市内のあちこちで今日も雪下ろしや排雪作業を目にする。

来週は多忙な日が続く。
寒波が来なければいいが。

除雪機故障

また昨夜から20センチの降雪があった。

自宅の除雪を終え、近所の除雪中に駆動輪を固定するピンが飛び動かなくなる。

IMG_0503_convert_20120220195939.jpg
昨年も片側のピンが飛んだが、今回は反対側。

部品代は75円でさらに自分で修理できるから安いもの。

結局本業は2時間しかできなかった。

雪・雪・雪

昨夜からまた20センチ積もる。

市の中心部は今冬の累積降雪量が5メートル50センチ。我が家もおなじくらいだ。積雪は現在1メートル50センチ。

市の山間地では、累積降雪量が18メートルで、積雪は3メートル50センチ。

数値だけ見ると昨年と同じくらいかな?

IMG_0494_convert_20120219185642.jpg

IMG_0495_convert_20120219185722.jpg
仕事に行く前に少しだけ雪かきをする。



仕事場でも同じくらいの雪。
IMG_0496_convert_20120219185800.jpg

IMG_0499_convert_20120219190020.jpg
4月からこの中庭で挙式が行われるのだが大丈夫か?

夕方帰宅したら、自宅事務所の一階が雪で埋もれていた。
除雪機は登れないので、スコップで除雪。
IMG_0501_convert_20120219190108.jpg

IMG_0502_convert_20120219190150.jpg
なんとか一階の窓まで雪を取り除いた。


雪に強いはずのわが町、しかし路地では対面通行すらできなくなってきた。

そんな中、恒例の雪まつりが行われた。
けっして祭りを反対するつもりはないけど・・・


23回原子力損害賠償紛争審議会

予想通りの結果が出た。

警戒区域が解除になった地域に関しては、しばらくの猶予のあと、精神的慰謝料は支払われないと政府は判断した。残念ながら会議録は来週以降になりそうだが、慰謝料がゼロでは納得できない方の方が多いと思われ、落としどころの金額が気に掛かる。
県内に避難されている方の中にも、警戒区域が解除になった地域にお住まいだった方が相当おられる。心境を思えば決定はそうそうではないかとも考えられるが、時期と金額の設定は難しい。
IMG_0492_convert_20120218181823.jpg

IMG_0493_convert_20120218181853.jpg
この一週間でさらに30人の避難者が県内に入られた。

今回の5次寒波は今までに比べると小雪だが、それでも一日で10センチは積もる。
まだまだ春は遠い。
IMG_0490_convert_20120218181756.jpg

狂い始めた

先週の某県某市の出来事。

市が耕作するように指示したが、放射能汚染が心配で、独自に耕作を止めた農家に対して、耕作放棄地と認定して
補償を受けられないようにした地元の農業委員会。

まだマスコミではあまり報道されていないが、信じられないはなし。

これはマスコミ報道ではなく、認定されなかった農家のじかの声。

特殊な災害はここまで人間の判断を狂わせるのか。

この話はこれからクローズアップされることだろう。


今日は穏やかな一日となったが、明日からはたぶん今年最後の寒波。

海岸沿いを走ったが、今日もまた海風が吹かない。まるで日本海ではないようだ。明日からの寒波でまた海沿いも降雪がありそう。

IMG_0488_convert_20120216210555.jpg
雪の層の間につららができると、この部分から雪崩が起きやすい。

傾聴ボラ その後のフォロー

避難者から家庭の話しを聞いてほしいと言われ訪問する。

震災前からか、それとも震災をきっかけにしてか、家庭内がぎくしゃくしていることを2時間ほど聞く。

帰った方がいいのか、このままここに避難していた方がいいのか、あるいは他の地域に避難した方がいいのか・・・

家族の数が多いほど同じ問題で悩む。

一通り話を伺って、世帯主の考えを聞き、現地の情報がほとんど入ってこないことを知り、現状の情報だけでもまとめて持ってきますと言ってこの家を後にした。

年度末のこの時期、学校の転校を含め、税制上の緩和(確定申告など)のお知らせなど、国からは告知がどんどん出てくる。
しかし避難者自ら申請しなければならないことばかり。

こんなこと、国のお偉方は知らないんだろうな。

雪下ろしの注意について

いまテレビを見ていたら雪下ろしの事故防止が放送された。

でも一番肝心なことがカットされていた。

自宅の屋根に上るのにヘルメットや命綱をはたして装着する人がいるのだろうか?

誰だって屋根の雪下ろしは一人でしたくないが、せざるを得ないのだ。

で、一番肝心なことは、

屋根に付いている、雪の落下防止、「なぜよけ」=アングルの鉄骨の位置を知ることが一番大切である。通常軒先の30センチから1メートルの間に必ずあり、さらに2メートル間隔で据え付けられているはずだ。ここに足を掛ければ落下の心配はないのだが。また、このアングルから軒先に足を出さないようにすれば、たとえ雪庇が張り出していてもスコップで雪は落とせる。

私も年に数軒は他人の家の雪下ろしをするが、まず上記の確認は必ずする。さらに私のボラチームはヘルメットも必ず被る。

慣れない方が屋根に上がるときは雪庇を落としてから上がるのもいいだろう。先日は学生ボラが意気込んで屋根に上ろうとしたが、この学生が上がるところだけ雪庇を落としてから上がってもらった。


IMG_0451_convert_20120214182154.jpg
リキュールや洋酒が入ったチョコは見たことがあるが、日本酒で、それも大吟醸酒入ったのは初めて食べた。
アルコール度数が高いので、私のようにアルコールが苦手な方は日中は食べることを避けた方がいいだろう。

除雪機が故障

ピーカンの空のもと、一日雪かきをする。
IMG_0483_convert_20120213173537.jpg

IMG_0484_convert_20120213173604.jpg


今日は除雪機は使わず、スコップ等での雪かき。

20分も動けばシャツ一枚でも汗が噴き出す。


力仕事が嫌いな私がなぜテッパで?



除雪機が壊れました。
IMG_0485_convert_20120213173713.jpg
走行不能になった。
数年前にも同じ故障が起きたが、その時は自分で修理できた。でもどうやって修理したか全く覚えていない・・・

修理屋さんに電話したが今日まで休業らしい。
明日、明後日の雪かきはスコップでするしかない。

降雪量によっては、メタボが少し解消できるかもしれない。15日は、運よく?健康診断の日だ。

寝る暇がありゃしない

朝は公民館の雪下ろし。
今季2度目だが、降雪量が多いため苦労する。

その後、事務所の相方が休みのためホテルに向かう。昨日の編集作業があるが納期にはまだ時間があるため、今日はゆっくりと昼寝でもしながら、雪下ろしの疲れを癒そうと思いきや、来月から5月までのブライダル予定者との
打ち合わせが続いた。

結局昼寝はなし。

IMG_0481_convert_20120212232711.jpg

IMG_0480_convert_20120212232638.jpg

IMG_0482_convert_20120212232735.jpg

夜遅く家に戻れば現実に引き戻される。

次の寒波に備え、明日は少しでも雪かきをいなければと思うが、とりあえず目覚まし時計のセットはしない。

穏やかな一日

この日のブライダルに合わせるように、降雪もなく穏やかな一日になった。

IMG_0478_convert_20120211205218.jpg

このまま春になればいいが・・・



明日は暴風雪らしい。

人力では不可能に

昨夜、大雪警報が解除になるや皮肉にも降りが強くなった。今朝方まで30センチの降雪。

午前中は自宅と周辺の除雪。

午後は実家に向かう。
父が除雪機の燃料を間違えたのかトルクが出ないので、隣の家にSOS。
重機を持ってきて除雪をしてもらった。
IMG_0473_convert_20120210202150.jpg

その後、この車庫の雪下ろしを行う。車2台しか入らない小さな車庫だが、たっぷり1時間かかった。今冬3回目。

近所の空き家(蔵)は、雪の重みでつぶれてもいいらしく、何年も雪下ろしに来ない。
今冬の積雪がわかる。
IMG_0476_convert_20120210202229.jpg


明日はブライダルがあるが交通機関のマヒが懸念される。誰だってここまで豪雪になることなど予想していなかったのだから。

因果関係

昨夜の地震にはびっくりした。

テレビと携帯からほぼ同時に緊急地震速報が入った。
4~5秒後に体感地震が来た。
短い揺れだったが久しぶりの震度5強(震源地では)。わが市は震度3.

降りやまない雪のために、わが町でも山間部の豪雪地でも、例年に比べ屋根雪を下す回数は減っている。この地震で被害がなければいいのだが。
特に空き家が心配だ。

それにしても水害と雪害、地震と水害、地震と雪害、なんでいつもダブルで来るのだろうか。


仕事場近くにあるタワーパーキング、月極めで契約しているが、駐車場の半分に雪が吹き込んでいる。今日は初めて5階に停めた。
IMG_0471_convert_20120209215341.jpg

今冬一番の積雪

朝8時過ぎから降り始めた雪が瞬く間に積もり、わずか1時間で10センチとなる。
IMG_0465_convert_20120208193649.jpg

30分の間に、被っていた傘の上にこれだけの雪。
IMG_0466_convert_20120208193845.jpg

敷地内と近くの消火栓周りを除雪して振り返ればまた新たな積雪が。
IMG_0467_convert_20120208193924.jpg

朝、車のタイヤを側溝に落とした方を救出、昨年私の車を落としたところだ。


午後は近所3軒の除雪をしたら、除雪機の燃料がなくなりそうになった。明日朝の分は残しておかないといけないので、夕方4時に家に戻る。

明日は除雪機の燃料と、私の燃料(アルコール)を買いに行かなくては。

IMG_0468_convert_20120208193957.jpg


昨日原発補償の新たな指針が出されたので、2軒の家を訪問予定だったが、この雪で延期させていただいた。

さらに今週と来週に県外2県の視察と打ち合わせが決まっていたがそれも延長をお願いした。明日出かけても、降雪によって、土曜日のブライダルに間に合わなくなりそうな気がした。

それにしても異常な降り方である。数年前に市内の交通が完全にマヒした時と同じだ。

春の雨と呼ぶには程遠いが、本当に久しぶりの雨が降る。

落下式の屋根の雪はすべて落ちたが、敷地内の雪の山にはクラックが入った。
IMG_0463_convert_20120207203005.jpg
IMG_0464_convert_20120207203159.jpg

明日からまた寒波が入りそうだが、これが最後であってほしい。
今週末からブライダルが始まる。

晴天の中

IMG_0461_convert_20120206192540.jpg
IMG_0462_convert_20120206192615.jpg
写真だとわかりづらいが、屋根の積雪は1メートル以上で、降雪量は2メートル以上あるので、固く締まってたいへん。

晴天の中、たぶん今年最後?の雪下ろしをする。

私のチームはボラをするとき、必ずサプライズの炊き出しがある。

先月の雪下ろしの時は、野菜たっぷりの酒粕汁で、今回はお汁粉と甘酒(これはお汁粉が苦手な私専用)、カブの漬物、おにぎり。

皆さん喜んでくれました。



年甲斐もなく頑張りすぎてふくらはぎが痛い・・・

一斉に屋根の雪下ろし

昨夜からの降雪もほとんどなかった今日は、市内のいたるところで雪下ろしが行われていた。

昨日仕事に行く前に、除雪の妨げになる梅の枝を切る。
IMG_0459_convert_20120205194925.jpg

IMG_0460_convert_20120205194956.jpg

来週中ごろからまた雪マークが出ているが、たぶんこれが最後の寒波であってほしい。


明日はまた避難者宅の雪下ろし。
晴天らしいが、気温が高いのが難である。雪の重みが倍増する。

大根の甘酢漬け  レシピ

友人等から問い合わせがありましたので、今日漬けた時の写真を添付して書きます。ただこれは、私の故郷のごく一部に伝わる漬け方ですから含みおきください。

用意するもの

 大根 5キログラム(1本の重さはMサイズ以下=900グラム以下)、漬ける量が少ない時は600グラム程           度の方がいい。
             干していないものを使用

 砂糖 1キログラム

 塩  150グラム

 酢  200CC


作り方

 ※レシピは5キロを漬ける分量だが、写真は10キロを漬けたものです。お間違いないように。

 大根の両端を切る。
IMG_0454_convert_20120204183755.jpg

IMG_0455_convert_20120204183839.jpg

たわしでよく洗う。

樽に敷き詰める。
IMG_0456_convert_20120204183931.jpg

漬ける量が多い場合は、90度交差させて並べる。
IMG_0457_convert_20120204184009.jpg

このうえに、砂糖、塩、酢を入れる(適当に)

※ただし分量は正確に!

 あとは5キロの大根に対して7~9キロの重石を乗せる。(写真は10キロの大根に対し、17キロの重石)。


これで漬け込みは完了。

4~5日すると大根から水が出ます(水が上がると言います)。
水が上がったら、重石を外して大根の天地返し(上と下の大根をかき混ぜて入れ替える)をする。さらに溶けなかった塩や砂糖をかき混ぜて溶かす(簡単に溶けます)。
かき混ぜた後は重石を乗せる。

さらにもう3~5日経ったらもう一度かき混ぜる。
重石を乗せる。

14日くらいで食べごろ、外気温にもよるが、今の時期なら1か月は日持ちする。

実に簡単です。

スーパーに売っているものに比べ、甘みと塩分が少ないのだが、それがたぶん顧客に喜ばれるのではと、勝手に思っています。

レシピ通りに作っておいしくなくてもノークレームでお願いします(笑)。  

雪また雪

お昼過ぎまで馴染みの湯治場で屋根の雪下ろしをする。
IMG_0452_convert_20120203193806.jpg

IMG_0453_convert_20120203193836.jpg

その後自分の用を済ませ、津波被害から避難されているお宅を訪ねる。
来週2度目の雪下ろしをするが、下ろす敷地がゼロに等しい。
窓に囲いをしたり、前回下ろした雪を建物に押し付けてスペースを確保する。

適当(笑)に片付けたあとにお茶を頂きながら津波に遭われた時の話しを聞いた。
「運だけで生き延びた」。

F県の他の市でも、M県でも被災者から聞いた話と同じ。

自然と3人の目から涙が出始めた。


話題を変えようと、先週行われた避難者の集いに、私が漬けた漬物を10キロ提供したのだが、このご夫婦がえらく気に入ってくれたらしく、少しだけ余ったものを持ち帰られたと話された。

来週はレシピを持ってきますと話し帰宅した。

偶然に、午前中雪下ろしをした湯治場の主が、大根を10キロ持ってきた。
明日出勤前に漬けようと思っている。

避難者の元に

毎月避難者の元に送られてくる地元の情報。
IMG_0448_convert_20120202202454.jpg

気がかりなのはこのアンケートの回収率の低さ。
この低さを県はどう判断しているのかが気がかり。
IMG_0449_convert_20120202202537.jpg

今後もし災害が起きた時に役立つのがこれ。
IMG_0450_convert_20120202202625.jpg
これは素晴らしい!


今日は所用で市外に行ったが、先週は片道1時間で行けたのに、今日の帰りは3時間。

強風、吹雪のためにすべての高速道路が閉鎖されたのが原因らしい。

あと1か月で春が来る。
もうしばらくの辛抱である。

原発補償金の請求書の書き方を説明するため隣県に行かなければならないが、さすがに私も二の足を踏んでいる。
毎日のように全国ニュースでわが県の豪雪が伝えられている。
テレビを見ているようだから、行くのが遅れても催促がこないのが救いだ。

雪下ろしボランティア  この矛盾

わが市でもこの豪雪に対応するべくボラセンを立ち上げた。

立ち上げたのはいいが、対象は雪下ろしの助成金が出る要援護者は外すという。

業者がする一軒家の雪下ろし金額が4万円~10数万円。

市が定める助成金が13000円~20000円。

つまり要援護者だけが自己負担をしなければならない。

この矛盾、誰も気づかないのが不思議だ。

積雪は少ないが強風

一日友人宅の湯治場の雪下ろしをする。
IMG_0439_convert_20120201185411.jpg

IMG_0441_convert_20120201185518.jpg

IMG_0442_convert_20120201185620.jpg

ランチは・・・

IMG_0444_convert_20120201185725.jpg

IMG_0445_convert_20120201185824.jpg

IMG_0446_convert_20120201185902.jpg

私がスコップ等で雪をおろし、あるじが機械除雪、下屋ふたつでも4時間かかった。明日以降は母屋の雪下ろしになる。
プロフィール

asahimidorikawa

Author:asahimidorikawa
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。