スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本音を初めて聞くことに

少し遅い春祭り。

神事が行なわれ、奉納舞いと続く。

IMG_0431_convert_20090531221816.jpg

IMG_0446_convert_20090531221709.jpg

IMG_0442_convert_20090531221538.jpg

後はお酒を酌み交わしながら、被災した神社の復興の話しになる。

この地域の素晴らしいところは、子育て世代、中間世代(40~50歳代)、さらにその上の世代が一緒に議論ができること。
少ない集落だから、1世帯でもわだかまりが残らないように話し合う。端から見るとまるで喧嘩をしているようにも受けとれるがこれが大切。

3時半から始まり9時まで続いた。お酒を飲みながらである。

この地域に1年半通って、初めて一緒にお酒を飲んだ。
一緒に飲んで初めて聞いた話もあった。

明日も話し合いは継続するが、このお酒のペースは私には少しきつい、皆さんはこれが普通なのか。
スポンサーサイト

ブーケトスは人権侵害だ

先日ネットで拾った記事、このタイトルにはびっくりした。記事を読むとなるほど~  しかし、私は男。ブーケトスは結婚式のひとつのイベントだと思っていたのだが、ここまで奥が深い、というか他人を傷つけてもいたのかと・・・

たとえば仕事一辺倒で、今のところ結婚の予定がない人がブーケを運悪く?手にする。
そうすると、「次、がんばってね」って言われる。

同じ言葉を職場で言われたらセクハラになる。と書かれていた。

う~ん、なるほど。

記事の中でブーケトスは、花嫁が自分の幸せを再確認したいイベントではないかと、新婦の友人のコメントが載っていた。


仕事柄、ブーケトスは幸せのお裾分け程度に考えていたが、もう男性は理解出来ない世界ですね。

同じテーブルに着くことが出来るか?

夏日となり暑い一日だった。
IMG_0377_convert_20090529205243.jpg


神社の修復の申請も、諸事情により残すところ1週間となった。

今週末からの話し合いで意見ががまとまるのだろうか。

2004年の震災で被害を受けた神社修復は、2009年の今現在も申請を受け付けているというのに、1年半で結論を出せと言うのは酷な話しだ。
でも行政が決定したことだから仕方がない。今後の方向性だけでも住民は意思表示しなければならない。

この舞いが、来年は拝殿内で見ることが出来るように頑張ってほしい。
2008-6-1+022_convert_20090529204917.jpg

2008-6-1+003_convert_20090529205950.jpg


まもなく蛍が舞う時期に

来月13日に蛍の鑑賞会があると案内が届いた。

もうそんな時期になったか。

昨年見つけたポイントに今年も舞うだろうか。

我が家の近くでも、年々蛍の数が増えている。悲しいことに高齢化比率が上がるごとに増えていく。
つまり、休耕田が増えることと比例するのだ。
これは田んぼに使う農薬だけが影響しているわけではないと思う。あぜ道の草とか用水が豊富になるとか、増える要因はいくつもある。

仕事を終え帰宅して窓を開けると幻想の世界が待っている。
あと2週間くらいで至福の時が来るが、その前に神社修復の件が片付かない。
私の落ち度が影響している。

流行風邪

拡大しつつあるこの風邪、とうとう9都府県353人が感染した。

ネット上では感染対策の、マスク、手洗い、うがいの肯定論や否定論がたくさん書かれている。

マスク一つとっても、外国はしていないとかマスクをしていても感染するとか、さまざまな記事が上がっている。
挙げ句の果て、書き込みがフリーなページでは喧嘩にまでなっている。これも国がはっきりとした指針を示さないためだが。


私は前にも書いたが、人がたくさん集まるところではマスクをする。

理由は、
1,私が知っている病院のすべてで、ドクター、看護師がマスクをしている。
2,日本人感染者は、感染がわかるまでマスクをしていなかった。

現時点では、自分が信じている防御をすれば良いのではないかな。他人がしていることを批判している記事も見られるが、迷惑を掛けている訳ではないし、ましてや、うがいすることに対し入浴前ではないと効果が無いという記事を鵜呑みにしている方もいる。
入浴前のうがいの効能は知らないが、世界中で毎日入浴している国民は少ないように思う。

私は迷信だと言われようと、マスク、うがい、手洗いは欠かさない。

地元の名所になる?

先日、県内の地方紙に我が町が載った。

私の家から1キロ足らずのところに、かきつばたの群生があるという。

25年間ここに住んでいるが初めて聞いた。

IMG_0369_convert_20090526211317.jpg

休耕田に一面に咲いていた。



さて実家の田んぼはごらんの通り。
根が張り、元気に育ってきた。
IMG_0372_convert_20090526212525.jpg

明日以降も晴れれば実家通いが続きそうだ。

一日の過ごし方

雨が降りそうで降らない。

う~ん、残念。

したがって、午前中は実家で農業となった。

ナスとトマトのうねにタヌキ避けの設置、かけやで杭を打ち、柱を立てる。
こういった力仕事は意外に好きだ。
キュウリも少しだけ生長したが、雨が降らないため生長が遅い。
IMG_0357_convert_20090524190405.jpg



午後から本業で、帰宅してから自宅周辺の草刈り。

切り株に寄生する植物、名前は知らないが花が咲く。

IMG_0360_convert_20090524190526.jpg

鉢植えのブルーベリーに実が付いた。
運が良ければ2か月後に収穫できそう。
IMG_0365_convert_20090524190647.jpg

こんな感じで一日が終わる。

明日も晴れ。
多分同じ一日になりそうだが、少しだけ被災地に入る予定。
神社を修復をするかどうか、役所に提出する期限が2週間と迫った。

知らない酒

県内の酒は、飲んだことがないにしても名前くらいは知っているつもりだった。

なのに、

この酒・・・知らなかった。
IMG_0355_convert_20090522214520.jpg

今日、知人の神主さんが仕事の依頼に訪れ、おみやげとして戴いた。

使用米は最近の酒米で、越淡麗を使用の純米酒。無濾過のため半透明だ。
わが県の酒は、石川や福井と違いほとんどの蔵が濾過している。本来は雑味を除去するための濾過だが、グラスに注いだときキレイに見せるためと、味を軽くして万人に受け入れられるようにと、濾過を始めた。
消費者と生産者の意見が一致したことだから、それはそれで良いと思う。

本筋に戻すと、

「山あいの休耕の棚田を再生したい~蔵元の従業員や地区の住民が一緒になって~」

災害復興に名を借りることも良いことだろう、しかし過疎再生に新たな酒を造ることも素晴らしいと思った。


味は好みですから、興味のある方は買ってください。
(私は好きな味です)

ネットで調べたら4合瓶2100円です。

暑い日だったらしい

さすがに今日は、農作業を控えめにして仕事場に行く。

夜7時過ぎまで作業をして何とか納期を守れた。

夕方、友人からメールをいただき、今年初めて扇風機を回したそうだ。30度を初めて超えたらしい。



インフルエンザが関東まできた。
多分来週にはわが県にも来るものと思われる。自主防衛はしたい。

ネットで調べると、マスクの有効性、反対にマスクは意味がない、の意見もあり混乱している。
まぁ、好きずきだから自分が効果があると信じていれば付ければいいのだろう。

私はもちろんマスクをしている。
だってインフルエンザ患者を診察しているドクターや看護師さんがつけているから。


晴れそしてまた農業

晴れの日が続いて、本業が農業になりつつある。

今朝は別件で実家に行ったのだが・・・・
待っていたのは畑仕事。次から次に指示が出る。

結局午前中は仕事に行けなかった。
IMG_0351_convert_20090520223419.jpg

このマメトラで耕すのは楽だが、この後クワでうねを上げる。これがちょっときつい。

隣の畑では、母と同年代の方がクワだけで作業していた。
少なくとも私より20歳は上だと思うが、疲れる様子はない。
自分の体力のなさが恥ずかしい。

ちなみにこの野菜はジャガイモ、今年は豊作だと良いのだが。

訃報

実家がある町内で、昨夜知人が亡くなった。

まだ58歳という若さだ。
この方のお母さんが亡くなって昨日が49日法要だったのに。
法要が済んだ後、心筋梗塞になったとのこと。

実は先週父と一緒に、以前作っていた我が家の田んぼを見て回った。

その時、この田んぼが○○さんちの田んぼだよ、お母さんが亡くなってこれからは一人でするらしいよ。と聞いた。
段々田んぼばかりで草刈りが大変だな、とその時思ったが、すでに田植えは済んでいる。
これからあの田んぼは誰が管理するのだろう?

苦労して植えた苗はすくすく育っているが手を掛けなければ収穫はできない。IMG_0349_convert_20090519220558.jpg



写真は無関係の田園風景です。

晴れ そして農業

土日の仕事の疲れで爆睡していたが実家から電話があった。

昨夜の風(全然知りません)で田んぼのタヌキ避けのフェンスが倒れたそう。
IMG_0344_convert_20090518203009.jpg

晴れの予報だったので農作業の予定はしていたが・・・・


なんとか作業を終える。
IMG_0345_convert_20090518203259.jpg

帰ろうとしたが今度はキュウリの柵作り。これもタヌキ対策。

すでにミニキュウリができ始めていた。
写真はピンボケです。
IMG_0346_convert_20090518203348.jpg

1か月かな、食べられるのは。

過酷すぎる!

この歳で、朝8時から夜8時までの軟禁状態の仕事は体に応える。

こんな時の必需品はこれ。
IMG_0343_convert_20090517220303.jpg

腰痛防止ベルト。

このベルトの利点はもうひとつある。お腹が空かないのだ。今日も13時間をおにぎり2個で充分である。


窓がない部屋での軟禁生活、今日の天気はどうだったのだろう?田んぼが心配になってきた。


天・地・人とは関係ないが

私は郷土愛がないのか、それともテレビを見る習慣がないためか、いま地元で話題になっている大河ドラマを見ていない。

そんな私だが、仕事のたびに見るこの光景、最近は楽しみになっている。

城址跡の発掘が進んでいる。

IMG_0332_convert_20090516212133.jpg

IMG_0334_convert_20090516212318.jpg

何百年前なのか、調べることもしていないが何故かロマンを感じる。
近くで見ると木の柱もわかる。

本当に市役所を建てて良いのかな。

それ以前に、何故今まで発掘されなかったのだろう。

今日の一日は過去にもまして

曇っているが風もない。予報では雨が降らないと言っていた。

朝8時に両親を病院に送る。

家に戻り朝風呂に入る。上がると父から電話が入る。まだ10時前だ。今日は病院が空いていたと後で聞く。
迎えのついでにスーパーで買物をして実家に戻る。

11時半になろうとしていたが、昨日出来なかった草刈りをする。13時に終了した。

自宅に戻り昼食を食べながら洗濯。

15時から仕事をする。



ここまでは、昨日と違って順調に進む。


災難は突然に!

先ほど自宅に着き、車庫のシャッターを開け、後部座席から荷物を下ろす。

そのまま運転席に戻り発進して入庫・・・・・


がつーん!!!

シャッターの支柱にドアがちゅーではなく激突。

ドアを閉めるのを忘れていた。

後部ドアに灰色のペイントができた。・・・くぼみまで。

保険の更新時に、担当の方が「20年以上無事故ですから何かあったら車両保険を使ってください」と勧められた。

まさかこんなカタチで使うことになろうとは。

う~ん、順調な一日だと思っていたが終わりでつまずいてしまった。



風強く雨少し

朝からはっきりしない天気だ。
農作業に行こうとしたら小雨が降ってきた。

しばらく自宅待機。

5分ほどで雨は上がったが、今度は風が強くなる。

しばらく自宅待機。

風が強く吹き雨も降ってきた。

農作業中止!仕事に行こう。


車を走らせると国道が渋滞している、目の前の信号が何回変わっても車は1メートルも進まない。

結局倍の時間を費やし仕事場に到着した。

事務所に入り、相棒の仕事の進捗状況を確認。
昨日までに完成予定の仕事が完了していない。完了してから私がチェックして納品となるのだが・・・


結局今日一日は何をしたのかわからない。いや何もしてないのだ。

天気予報まで外れ、気温19度のはずが15度。帰宅して久しぶりのストーブで部屋を暖める。

さらにさらに、くしゃみ、鼻水、目が痒い。

良いことのない一日、早く休もう。

IMG_0330_convert_20090514214607.jpg

今日一日こんな空模様だった。


今日も晴れ

IMG_0328_convert_20090513212347.jpg

遅咲きのツツジが終わりを迎える。

昨夜も一雨と言った案配で鉢植えの花に水やりをしなくて済む程度。

晴れると半農というか、実家で農作業をする日が多い。今日も14時に仕事を終わらせ、実家で草刈りをする。
明日も午前中は晴れの予報だ。両親はすでに明日のプランを立てている。朝から草刈り、その後は畑仕事らしい。

いくら農業をしても私の収入はない。

本業をしないと生活できないことに、早く両親は気がついてほしいのだが。

雨を望む・・・・

四川大地震から1年

自国の災害と違い、マスコミが取り上げなければ情報を得ることができないせいか、あっという間に1年が過ぎた。
中国政府は3年かかる復興を2年、つまり来年の5月までに完全復興をするという。

死者、行方不明者が約87000人、1100万人が仮設住宅に入り、山間地では仮設もなくいまだテント暮らしの世帯が多いと報道されている。

地震災害時、復興の目安として仮設住宅がいつまであるかが国のひとつの基準となっている。
阪神・淡路は5年弱、中越大震災は3年強、中越沖は2年(まだ経っていないが、被災地各市は断言した)である。

仮設住宅数が復興の目安とすること自体変ではあるが、対外的に個人個人の世帯の状況を発表することは、はばかれるから仕方がない。

でも、被災経験が無い方がこのブログを読まれていたら、この目安は間違いであることを知ってほしい。
何年経っても元に戻ることはない。再建に掛かった年月の分だけ被災者も歳をとる。今後の生活設計まで変更しなければならないことを知ってほしい。

中国の再建は、すでに復興の地域格差が出始めているらしい。何年掛かってもいいから、すべての方が限りなく元の生活に戻られるような支援を望む。


さて、昼食を実家に持って行ったが、またも農作業が待っていた。

休耕田(というより、放棄田)の草刈りだ。雨が降らないのに伸びる伸びる。

IMG_0326_convert_20090512183637.jpg

3時間あまり草刈りをしたが、この田んぼだけでも半分も終わらない。
IMG_0325_convert_20090512183526.jpg

このほかにもう3カ所ある。いつになったら終えることができるか、腰痛と相談しながらの戦いである。

料理のホームページ

以前魚の調理方法が知りたくて、ネット検索で偶然たどり着いたホームページがある。

「手前・板前」で検索すると出てくると思うが、和食に関することがすべて掲載されている。しかも書かれていることが分かり易いのも魅力だ。なんと包丁の研ぎ方まで載っている。

この方のブログも面白い、タイトルが「てまえ、板前、男前」。

お笑いタレントで、「ラーメン、つけ麺、僕~」と言っていた方がいたが、このブログのタイトルからヒントを得たのかな?

近所の方がゼンマイを干していた。

IMG_0322_convert_20090511180907.jpg

下処理が大変な山菜だが私は好物だ。誰かが届けてくれると嬉しいのだが。

インフルエンザ

とうとう日本人の感染者が出た。

欧米で発生すれば日本にも入ってくると思っていたが、その通りになってしまった。

マスコミは当然だが、私の知人までもが政府の水際対策を批判している。

はて、これはどうなのかな?

災害時もそうだったが、結果を見てから行政を批判する団体が多発した。本当にその道に詳しいのであれば、結果が出る前にリークしてほしかった。

私は自民党員ではないからどちらの肩を持つわけではないが、今の日本では良くやった方だと思う。

ただこれからだ。今後の対応次第で私も批判する側に回るかもしれない。

IMG_0316_convert_20090509184121.jpg

写真は本文とは関係有りません。
昨日海岸で撮影した鳥(とんびかな)。

釣りをしていた方々のおこぼれをもらおうとしていましたが、釣果がなく付近を何周もしていました。

今日も快晴

久しぶりに海に行った。

IMG_0315_convert_20090509184043.jpg

県外ナンバーの車がずらり、キス釣りをされていた。しかし水温が低いせいかあまり釣れていない様子。
吹く風も冷たく感じたが、半袖のシャツ一枚で子供が波打ち際で遊んでいる。さすがにまねは出来ない。

夕方実家に行ったら竹を切ってほしいと頼まれた。

IMG_0318_convert_20090509184442.jpg

田んぼに被さるように曲がっていた。のこぎりで4本切り、平らなところまで引っ張り上げたがこれが重い!久しぶりに大汗をかいた。

そのおかげでビールが美味しい。つまみはタケノコ煮とところてん、これがまたビールに合う。

最近供給過多になっている、私のお腹は・・・・

雨が降らない

何日雨が降っていないのかな。

少ない水で田植えを済ませたがいよいよ水が足りない。

今日は朝から雨雲が発生するも落ちてこない。

向こう一週間、雨マークは一日だけ。

雪も降らない、雨も降らない。


新潟県ではないようだ。

気持ちの移ろい

内容的には普通のことだが、この日記を読まれる方には少し違和感があるかも。

先月父の親友が亡くなった。

お悔やみの時、生前友人が話されていたシニアカーを譲り受けたいと父は申し出た。

ご家族は、それでは形見として使ってくださいと話された。

無料でいいですからと言われたが、さすがに30万円で購入したのも知っているため、今日半額でお願いしたいと申し出た。

すると、この話しは無かったことにしていただきたいと先方から電話があったらしい。

う~ん、ネット社会だ。


確かにネットで買えば20万円だが、ネットで売ると・・・・15万は切る。


お悔やみの時の先方の言葉がむなしく聞こえる。

さらには親友として付き合ってきた父の気持ちを考えると複雑な思い。

友人同士の売買はしない方が良いのかもしれない。

にぎわいと小型連休

大型連休の最終日。

車に給油をしにスタンドに行った。近くのホームセンターは、警備員が交通整理をする賑わいだった。

お昼近くになると、平日は車が2~3台のラーメン屋やうどん屋が満車状態になっていた。

これも経済効果だから良いのだろう。

仕事場のホテルは、チェックアウトの客が続く。今夜は空室が多いのだろうな。

鉢植えの、匂いゼラニュームが咲き始めた。

IMG_0284_convert_20090506221618.jpg

(ピンぼけですから拡大しないでください。)


さて、今日明日と仕事場が連休。

明日の予定は・・・・・何も思いつかない、どうしよう?


こんな時は、やはり仕事に行くのだろうな。

田植え日和

日付は変わったがまだ飲みながらこれを書く。

朝6時起きで実家に行き田植えだ。

IMG_0302_convert_20090506001240.jpg

田植機で見つけたこの表示、実にユニーク、しかしいまだ操作したことはない。

IMG_0307_convert_20090506001339.jpg

敏感鈍感てなに?


夜は友人と飲み会。

このお店は開店して10年目だそうだ。

なにより安いのが魅力!

写真は業務用の柑橘類の絞り器、初めて見た。
グレープフルーツ酎ハイが好きな私はほしいのだが、値段が高すぎ。

IMG_0314_convert_20090506001443.jpg

ブルーベリーの花

昨年ブルーベリー農園に行った。

農園で手のひら一杯の実を食べたら、眼の痛みが和らいだ。嘘みたいな本当の話。その日は300キロほど車を走らせたが、眼の痛みはなく非常に楽なドライブだった。

その時に買った苗。

鉢植えだが花がたくさん開いた。

IMG_0288_convert_20090504191241.jpg

順調に育つと、8月にはたくさんの実が・・・・

捕らぬタヌキの皮算用にならないように、せっせと水やりをしている。

IMG_0289_convert_20090504191402.jpg

同じ災害なのに基金メニューの要綱が違う

この日記は、私がアル中ハイマーになっているらしいのでメモとしてあげた。興味の無い方はスルーしてください。



同じ県で起きた2つの地震災害。復興基金は作られたが、要綱に違いがある。

今回少し関わっている神社の補助について、

2004年の震災基金は、神社の修復に最大2000万(住民負担四分の一)、これは同じだ。

しかし特例として、基金事務局の理事長が認めた場合はこれにあらず。と書いてある。

今回の2007年の場合は、特例の上限まで掲載してあった。特例でも上限3000万円。

同じ災害なのに、この隔たりはなんだ。基金の原資を決めたのは、県と国。

しわ寄せはいつも被災者だ。

あぁ、また批判してしまった(反省)。

何が出た?

毎週、このホテルに行く度に見る工事現場。

IMG_0272_convert_20090503203428.jpg

IMG_0273_convert_20090503203514.jpg

市役所が移転されるための基礎工事かと思っていた。

今日は歩いてホテルに向かうと近くにこんな看板が出ていた。

IMG_0287_convert_20090503203657.jpg


長岡城の発掘だった。

やがて市役所が建てられる。市長はお殿様と呼ばれるのかな?

神社の修復に向けて 2

昨日に続いて、更に詳しく調査。

仕事帰りにまとめの報告会に参加した。

プロの団体とはいえ、わずか8時間の調査でここまでできるのか。

IMG_0279_convert_20090502195421.jpg

簡単な図面を引き、被害箇所を示し修復に必要な見積もりを出していく。


しかし、あまりの高額の修理費に住民は声も出ない。

住民の願いは元の状態に戻すこと。

さらに住民の負担を極力少なくすること。


新たに判明したのは、震災前からかなり傷んでいた屋根。このまま手を掛けずに本殿を修復しても屋根が朽ちるのは、5年~10年らしい。

住民の落胆に支援団体は更に提案をする。住民の負担をいかに減らすか真剣に討議を繰り返す。

IMG_0280_convert_20090502195510.jpg

支援団体は、持ち帰って検討するといってくれた。

この地域はボランティア団体が支援してくれるが、他の地域はどうなんだろう?

市は一ヶ月で、修理するのか断念するのか判断しろと通達してきた。


基金メニューにはまだ正式に載っていない。一部報道されただけだ。
行政のやり方を熟知していても、今回の件に関しては乱暴な対応だと思う。

神社の修復に向けて 今日一日の出来事

この時間に帰宅、長い一日。

東京、茨城、山形から建築関係の専門家が集まり、被災した神社の現地調査が行なわれた。

IMG_0261_convert_20090501223213.jpg


8人のプロによる検分はすごい!

あっという間に、図面に修理箇所を書き込む。

この全壊の社には女性設計士2名が入り検分。

IMG_0266_convert_20090501223405.jpg

恐い物知らずか、ヘルメットなしで入ろうとしたので、さすがに私のメットを渡す。
この2年間何回か訪れた私も神殿の中の進入は避けたのだが。

柱に手を掛けただけでつぶれそうだというのに、ためらいもなく。
やはり女性は・・・・。驚きの一こま。

調査終了後、氏子さん達と今後の打ち合わせ。

IMG_0271_convert_20090501225809.jpg

災害が起きるといろいろな方が現地に入る。支援団体だったり、それ以外の方々も。

私も一部の方には後者の人間だったようだ。

今日ようやく親しく声を掛けられ、5月31日の春祭りにも招かれた。

私は建築家ではない。ただの物好き。

住民に認識してもらったのが嬉しかった。


狛犬君、おしりが冷たいと思うけどもう少しの辛抱だよ。

IMG_0263_convert_20090501223306.jpg




プロフィール

asahimidorikawa

Author:asahimidorikawa
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。